目を健康に保つには

目を健康に保つには、自分の目が病気やトラブルを抱えていないかどうかを知ることが大事です。

 

私は普段コンタクトレンズを着用していますが、購入する時には絶対に眼下検診を受けています。検診では目に何か異常や問題がないかなどを確認してもらえます。
度数があっていないコンタクトを装着することは、眼精疲労にも繋がります。

定期的に眼科で検診を受けて目の保養をするようにしています。コンタクトの交換のために眼科を受診し診察を受けると白内障と言われました。。

 

先生いわく、ある程度の年齢になったら眼科検診は受けたほうが良いよと、人間ドッグを受けても目の病気はわからないそうです。

目も臓器であるのである程度使っていると何らかの障害をきたすこともあるのだ、ということでした。

 

特に白内障は年齢を重ねるほど多く発症し早期発見から治療が大切ですと言いました。今では毎月眼科で検診を受けています。眼精疲労では、肩こりや頭痛、吐き気などの重い症状から、疲れ目や、ぼやけ、かすみといった軽微な症状までありますが、ドライアイが原因なものを除いては、多くは、首や肩の血行不良、頭の重さを支える筋肉の緊張で凝ることが多いです。

 

凝る事が多いです。肩甲骨の周りのストレッチが重要です。肩甲骨をぐるぐると回し、凝り固まった首周りの筋肉と血流を良くしましょう。眼精疲労になってしまう原因は電子機器のLEDディスプレイから放出されるブルーライトです。

若い世代の人たちもスマホの普及により眼精疲労に悩んでいる…と言う話しをよく聞きますね!手軽に治す方法としては画面に「ブルーライトカットフィルター」を貼り「PCメガネ」を使用する事で対策できます。
私自身以は前眼精疲労に悩んでおりましたが、この2つの方法のおかげで症状が大変良くなりました。
元来視力が良い方なので今日まで目を労わることについて考えなかったのですが、この頃はパソコンやスマホを見ることが多く、目の疲労が増えてきました。老眼鏡を使い始める年齢になりましたが、できるだけ今の視力を保ちたいので、画面を長時間続けて見ないようにし、適度な間隔で、軽く目を閉じたり遠くの景色を見たりと工夫しています。手間の割には結構効果があるようです。
近頃の若い女の人のメイク道具として、重要なのがカラーコンタクトです。

 

派手なメイクだけではなく、ナチュラルなメイクにもカラーコンタクトは必需品です。使用する上で最も心配なのは、目の乾燥です。通常よりもレンズが厚く酸素の透過率も悪いため、必ず着用時間を守りましょう。
視力が悪い方だけでなく使用することがあるため、レンズの手入れに関しての知識がない衛生状態の悪い管理によって結膜炎などを引き起こすこともあります。事前に説明書に目を通し使用することをお勧めします。私の仕事はトラックドライバーですが、20代の目の見え方と今の見え方は明らかに異なります。当時は遠くにある看板もよく見えていましたが現在では遠方の看板はぼやけて見えて、ある程度近づいて来ないと見えなくなりました。運転中は目が疲れてしまいます。目の疲れ対策としては、休憩時間や荷物待ちの時間などを利用して「暖かくなるアイマスク」を使用しています。

 

これが疲れ目には効いて、気持ちよくなります。
パソコンを使う仕事をしており、近眼でもあるため目が疲れやすくなります。眼精疲労を回復させるために、時々蒸しタオルを使い目を温めたり、遠くを眺めたり、眼球運動をすることも良い効果があります。

眼精疲労になる原因は目だけが疲れているわけではなく、姿勢による体の歪みや肩こりも関係しているので、ストレッチをして体全体を動かし血の流れを良くすると効果があります。全身のバランスを整える気持ちで行うとが大切なのです。

30代を過ぎると、目の周りの筋肉が衰えて、目じりが下がってきます。その原因は表情筋という目の筋肉が弱まるからです。
特に最近はパソコンやスマホの流行により、目に疲労がたまることも増えてきました。

 

長時間、何かを見続けて目を酷使する場面では、休憩の時にでも遠くの緑を見ることも良いでしょう。また回復方法は入浴の時に目の周りを温めたりマッサージをするのも効果的です。

 

冷やすより温める方が疲れがとれますので、ぜひお試しください。

 

約三年前の朝、「ん?新聞の字が読めない」と思った日から始まったのだ。ついに老眼です。字を読む、食事をするなど、とにかく目が疲れます。その日から、目の使い過ぎに気をつけ、ムダにテレビやPC画面は見ないようにし、大好きな読書は、時間を決めて読む、常に目のケアを意識しています。

就寝前は熱めのタオルを絞り目を覆い温めて寝ます。老眼による眼精疲労も良くなりました。

 

毎日のケアが大切です。